当院で行う検査

鎮静剤使用による苦痛のない内視鏡診療が可能

にしやま消化器内科では、胃・大腸内視鏡検査を はじめ、エコー検査・ピロリ菌検査・ レントゲン検査など様々な 検査が可能です。

  • 胃内視鏡検査
  • レントゲン検査
  • 大腸内視鏡検査
  • 血液・尿検査
  • エコー検査
  • 心電図検査
  • ピロリ菌検査
  • 便潜血検査

胃や大腸のカメラ検査では、鎮静剤を使った「痛み、苦しみのない内視鏡検査」を実現しております。また、検査前に体内に空気を送って検査しやすくするのですが、吸収効率の高い炭酸ガスを使うことで、検査後にお腹が張ったり、嘔気などでしんどいということもなくなっています。
当院は、比較的数の少ない「大腸カメラ検査のできる女性医師」も常勤しております。ご希望の方はお気軽にお申し出ください。

胃の内視鏡検査

カメラを口、もしくは鼻から挿入して検査します。かつては胃カメラといえば「オエッ」という嘔吐反射があって苦しいというのが当たり前でしたが、最新機器と鎮静剤を使うことで以前のような苦しさはありません。
胃カメラといっても、胃だけということではなく、お口の中からのど、食道、胃、十二指腸などを詳細に観察し、下記のような病気の発見が可能です。

  • 逆流性食道炎
  • 胃ポリープ
  • 食道がん
  • 胃がん
  • 胃炎
  • 十二指腸潰瘍など
  • 胃潰瘍

のどに違和感があったり、胃痛などの腹部の不快感、胸やけ、または定期検診で異常を指摘されたりした方はぜひ一度、胃の内視鏡検査を受けることをおすすめします。

大腸の内視鏡検査

こちらも、従来の大腸カメラでは「お腹の膨満感」や「挿入時の痛み」といった検査が嫌になる、または途中で検査を断念するといったことがありました。
しかし、当院では挿入性の向上した最新機器を使い、また胃と同様に鎮静剤を使うことで「まったく痛さや苦しさ感じないまま、いつのまにか検査が終わっていた」という患者さまがほとんどです。
大腸カメラは、肛門、直腸、結腸、盲腸を検査できます。また、検査すると同時に、組織を採取したり、止血したり、またその場でポリープを切除するといったことも可能です。

下記のような病気の発見が可能です。

  • 大腸ポリープ
  • 潰瘍性大腸炎
  • 大腸がん
  • クローン病
  • 感染性腸炎
  • 大腸憩室症

血便が出ている、下痢や便秘が長く続いている、家族に大腸ガンにかかったことのある人がいる、また便潜血検査で陽性の出ている方は、ぜひ一度検査を受けることをおすすめします。

詳しくはこちら

エコー検査

音波をあてることで体内の状態を調べることのできる検査です。体の表面に音波をあてているだけですので、苦痛はまったくありません。また、レントゲン検査のように、わずかとはいえ被曝することもありません。所要時間は、部位によって異なりますがおよそ10~20分程度です。

  • すい臓、肝臓、腎臓、ひ臓、胆のうなどの臓器の様子
  • 動脈硬化の度合い(脳梗塞のリスク評価)
  • 臓器の腫瘍・結石などのサイズや進行度など

これらを検査できますので、まだ自覚症状のない病変についても早期発見が可能です(対象によって、検査前の食事や排尿に制限のある場合がございます)。

ピロリ菌検査

当院では、息を吐くだけでピロリ菌の有無を判定できる尿素呼気検査と、胃カメラを使った胃粘膜採取による内視鏡検査が可能です。外部機関に委託せずに院内で検査いたしますので、その場で検査結果がわかります。

ピロリ菌は、胃の粘膜に生息する攻撃的な細菌で、胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍の原因となるだけでなく、その進行や再発を誘発します。
現代では感染率が低下しているとされますが、衛生環境の整っていなかった世代からの家庭内感染の可能性はまだまだあります。また、保菌者であっても健康に過ごしている場合もありますので注意が必要です。
感染が持続することで慢性胃炎などになると、そこから胃ガンに発展してしまう確率も高いといわれております。
ピロリ菌はお薬の服用で除菌することができますので、慢性胃炎や十二指腸潰瘍と診断された方は、ぜひ一度早めにピロリ菌検査を受けてください。

  • メールでのお問い合わせ
  • 診療予約フォーム