医師・スタッフ紹介

院長 西山 範(にしやま おさむ)

「少しでも早く、初期段階で治療をするには…」を追求

はじめまして、大阪・阿倍野のにしやま消化器内科院長の西山範と申します。
長年、消化器疾患を取り扱う複数の専門施設で診療に従事してまいりました。その中では、たとえば救急医療においては、その場で即座に判断をくだし、「絶対に自分が何とかしなければならない」という状況での診療など、幅広い経験を積むことができました。
また、専門施設には末期のガン患者の方も多く、何もしてあげられない無力感とともに「もっと内視鏡でできることはないのだろうか」と考え続けてきました。

そしてESDという、内視鏡専用の電気メスを使い、胃ガンなどをお腹を切らずに早期の治療がスタートし、2003年よりその知識や技術の習得、またそれらのさらなるレベルアップに没頭してまいりました。
しかし本当に大切なのは、病変を早期の内に、1日でも早く発見することで、そのためには患者さまが気楽に内視鏡検査を受けられる環境をつくることが第一であると決意し、自らのクリニックを開院するに至りました。

「とりあえずあそこに行けば安心だ」
そんな風に、地域で最も信頼されるクリニックを目指します。他院からのセカンドオピニオンとしてもご活用ください。
まずは、どんなことでもお気軽にご相談ください。

所属学会・資格

  • 日本内科学会 認定内科医
  • 日本消化器病学会 認定専門医
  • 日本消化器内視鏡学会 専門医
  • 日本胆道学会 指導医(内視鏡診断治療)
  • 日本肝臓学会
  • 日本胃癌学会
  • 日本膵臓学会

職歴

1998年 大阪大学医学部第一内科 入局
1998年 大阪労災病院消化器内科
2005年 市立貝塚病院 内科 副医長
2006年 大阪府立急性期・総合医療センター消化器内科 診療主任
2012年 大阪府立急性期・総合医療センター消化器内科 内視鏡センター長
2014年 大阪府立急性期・総合医療センター消化器内科 副部長
2015年 にしやま消化器内科を開設
2015年 大阪府立急性期・総合医療センター消化器内科 非常勤医師

副院長 西山 雅子(にしやま まさこ)

所属学会・資格 

  • 日本内科学会 認定内科医
  • 日本消化器病学会 認定専門医
  • 日本消化器内視鏡学会 専門医
  • 日本肝臓学会 認定専門医
  • 産業医科大学産業医学基本講座修了

職歴

2001年 産業医科大学病院 研修医
2002年 山口労災病院内科 研修医
2003年 大阪労災病院消化器内科 
2015年 大阪労災病院消化器内科 退職
2015年 にしやま消化器内科
  • メールでのお問い合わせ
  • 診療予約フォーム