院内紹介・設備紹介院内紹介・設備紹介

大阪のにしやま消化器内科では、大学病院やがんセンターも使用する最新鋭のシステムを用いて高度な医療を提供します。また、リラックスして診察や内視鏡を受けて頂けるよう、居心地が良く、温もりの感じられる院内空間にこだわりました。
来院からご帰宅されるまで、いかに当院で快適に過ごして頂けるかを考え、様々な工夫をしています。

院内紹介

1階

受付

受付外からの光がほどよく入る、透明性のある空間にしております。受付スタッフが笑顔でお出迎えします。

待合・中待合
  • 待合
  • 中待合

広めのゆったりとしたスペースを確保しております。できるだけ病院らしくない、自宅にいるような温もりが感じられる空間、清潔感のある空間を目指しています。

診察室
  • 診察室1
  • 診察室2

こちらでお困りのことをお伺いします。プライバシーに配慮し、すべて完全個室となっております。リラックスしてお話いただけるよう、こちらもゆったりとしたスペースとなっております。
最も左側のディスプレイで内視鏡検査などの画像を表示して詳しく説明していきます。

レントゲン室

処置室

胸部・腹部のレントゲン撮影を行います。

2階

内視鏡室(3室)
  • 内視鏡室3室
  • 内視鏡システム

完全個室の内視鏡室(3室)があります。大学病院やがんセンターで用いられる最新鋭のシステム(OLYMPUS EVIS LUCERA ELITE)を導入しています。高度な処置を安全・清潔に行い、なおかつ患者さまには快適に過ごしていただけるスペースとなっています。

洗浄室

洗浄室

内視鏡学会の定めるガイドラインを遵守し、独立した設備にすることで、学会の認定施設を取得できる高レベルの消毒・殺菌を行っています。

また、認定内視鏡技師スタッフによる管理に併せて、さらなる安全の向上に努めています。

リカバリースペース

リカバリースペース

内視鏡検査を行った後、患者さまが楽な体勢で内視鏡室からリカバリースペースへ移動ができるよう、動線にこだわりました。ベッドに横たわったままお休みいただけます。鎮静からの覚醒までの時間をお過ごしいただきます。

3階

前処置スペース
  • 前処置スペース
  • カフェのような空間
  • くるろげるスペース

大腸カメラ検査を行うには、前処置として下剤を飲んでいただかなければなりません。その間、少しでも快適にお過ごしいただくためのスペースです。検査終了後には、温かいお飲み物をご用意しております。

男子トイレ・女子トイレ
  • トイレも落ち着いた空間
  • きれいな7つのトイレ
  • お手洗いへの配慮

プライバシーを最も重視したつくりです。7つのトイレをご用意しております。

更衣室

更衣室

大腸カメラ検査前に検査着に着替えて頂きます。鍵付きロッカーもございます。

エコー室

エコー室

エコー検査はこちらで受けていだきます。心電図検査機なども含め、最新の機器を完備しております。

診察室(相談室)

診察室(相談室)

こちらで大腸内視鏡検査前のご説明や、検査結果のご説明などを行います。

設備紹介

内視鏡システムとスコープ

内視鏡システムとスコープ

内視鏡検査は定期的に、受けていただくことをおすすめしております。
しかし、がんの中には、「ごく小さく見つけづらいがん」というものが存在します。内視鏡検査で、その「小さながん」を見逃してしまっては、発見が遅れてしまうことになります。
そういった事態を回避するため、当院では、粘膜のごく微細な変化まで正確に映し出すことができる、最新鋭の内視鏡システムを導入しております。操作性や挿入性も高まっており、患者さま側のご負担もこれまでより大きく軽減されています。
内視鏡検査を受けよう」と思い立ってくださった患者さまの一回一回の検査を大切にし、少しでも早く、また正確に、がんを含めた疾患を発見するため、これからも積極的に最新の内視鏡システムを導入して参ります。

OLYMPUS 「EVIS LUCERA ELITE」

EVIS LUCERA ELITENBI観察を明瞭に行う為に改良された最新プロセッサーシステム(内視鏡画像処理)です。従来のものより格段に高画質化しています。

OLYMPUS 「GIF-HQ290」

従来のハイビジョン画質よりも格段に画素数が増え、NBI拡大観察にも対応した近接での焦点を最適化できます。胃がん、食道がんの診断に威力を発揮します。

OLYMPUS 「GIF-290NS」

経鼻内視鏡用の最新型のものになります。当院では検査精度の劣る経鼻内視鏡検査は原則行っておりませんが、食道や胃に狭窄があり通常の内視鏡では通過できない場合、深部を観察する時に用います。

OLYMPUS 「CF-HQ290Z」

CF-HQ290Z従来のハイビジョン観察を上回るより鮮明かつ拡大な観察を実現し、さらに視野角度が広くなった現在最新鋭の大腸カメラです。また従来機種よりも先端の直径が細くなっており、患者さまにとってはより負担を軽減できる構造になっています。

OLYMPUS 「PCF-H290」

PCF-H290細径でハイビジョン対応の大腸カメラです。スコープが腸壁のカーブに合わせて自然に弯曲したり、挿入部の硬度を可変させたりできる機能がありますので、高い検査効率と患者さまの負担軽減を両立することができます。

提携医院に高度な内視鏡画像電子データを共有可能

提携医院に高度な内視鏡画像データを共有可能当院での内視鏡検査は、日本内視鏡学会のJED projectに参加の下、用語の統一したレポートを作成し、診療状況を報告しております。オリンパスソレミオQUEVを導入してレポートを作成し、外科手術が必要になった際にもスムーズに内視鏡所見などの情報を共有できる体制を整えております。また高機能PACS(医療用画像管理システム)であるSYNAPSE Wzも備え、開院依頼すべての内視鏡画像をサーバーに保存し、瞬時に過去のデータにアクセス可能です。

内視鏡洗浄機

内視鏡洗浄機日本消化器内視鏡学会の定めるガイドラインを遵守し、1回の内視鏡検査が終了する毎に、入念に内視鏡内部および表面を用手的に洗浄した上で内視鏡洗浄機にかけ、洗浄・消毒を行っております。
内部構造が非常に複雑な内視鏡の清潔・安全性を維持するためには、この工程が欠かせません。
当院では全ての洗浄履歴管理を行い、いつ、どの内視鏡を、誰が洗浄消毒したかを記録保管し、内視鏡洗浄機を含めた、徹底した衛生管理に努めております。

エコー

エコー超音波によって、身体の内側の状態を調べることができます。痛みや違和感、一切の被ばくのない、低侵襲の検査です。
エコー検査は、部位によって違いはありますが、おおよそ10~20分程度で終了します。
腹部エコーでは肝臓、膵臓、胆のう、腎臓などを観察します。消化管(食道・胃・大腸)については、内視鏡検査の方が情報量が多いのですが、虫垂炎や憩室炎などの診断で用います。

胃カメラ予約24時間WEB予約 大腸カメラ診察予約24時間WEB予約 初診・再診予約24時間WEB予約 メールでのお問い合わせ
TOPへ戻る
胃カメラ予約24時間WEB予約 大腸カメラ診察予約24時間WEB予約 初診・再診予約24時間WEB予約